こんにちは、わかみやです。

2014年に「二日酔いにはスプライトが効く」という論文が発表されたと、一部のニュースサイトで取り上げられました。

これを見て、「本当・・・?どんな実験してんの?」と疑問に思ったため、どうせなら読んでみようということで、今回はこの論文を取り上げます。

Effects of herbal infusions, tea and carbonated beverages on alcohol dehydrogenase and aldehyde dehydrogenase activity
Sha Li, Li-Qin Gan, Shu-Ke Li, Jie-Cong Zheng, Dong-Ping Xu, Hua-Bin Li*
(Sun Yat-Sen University)
Food & Function, 2014, 5, 42-49.

背景:お酒に対して強くなる方法は?

お酒(アルコール)は世界中で飲まれています。あなたも毎日、あるいはちょくちょく飲んでいるかもしれません。これまでの研究で、お酒を定期的あるいは適度に飲んでいる人は、飲んでいない人に比べて、血管障害、糖尿病、認知症のリスクが少なく、死亡率も低いことがわかっています。さらに、女性では体重増加のリスクが低くなることもわかっています。

アルコールを飲むと、体内でADHが働き、アルコールはアセトアルデヒドに酸化され、次にALDHによって酢酸に酸化されます。酢酸まで酸化されることによって無毒化されます。アルコール代謝酵素のADHやALDHの働きは、様々な要因(食べ物、遺伝、薬など)によって強まったり、弱まったりすることがわかっています。

著者らは、代謝酵素の活性が食べ物で変化するなら、飲み物でも変化するのではないかと考え、今回の実験を行いました。世界中でよく飲まれているハーブティーや炭酸水で、ADHやALDHの働きを、強めたり弱めたりする飲み物がわかれば、急性or慢性アルコール中毒を減らせる可能性がある・・・かもしれません。

手順:代謝酵素と飲み物を混ぜる!!

試薬会社からADH、ALDH、NAD+、エタノール、アセトアルデヒド、緩衝溶液を購入。
ADHの活性試験:pH8.8の緩衝材にADH、エタノール、サンプル(飲み物)、NAD+を混ぜる。混ぜた直後と15分後に(波長340nmでの)吸光度を測定。
ALDHの活性試験:pH9.5の緩衝材にALDH、アセトアルデヒド、サンプル(飲み物)、NAD+を混ぜる。混ぜた直後と15分後に(波長340nmでの)吸光度を測定。

吸光度測定とは・・・液体中のNAD+の量を求めるための測定。代謝時にNAD+が消費されるため、混ぜた直後と15分後の量を求めることで、ADH,ALDHの活性がどのくらい変化したかを調べています。

結果:スプライトがADH、ALDHの活性を上げた

二日酔いにはスプライトが一番効く、らしい。。

実験結果としては、スプライトがADHとALDH両方の働きを強めるという結果が出ました。
つまり、エタノールからアセトアルデヒドを経由して酢酸に酸化されていく代謝が早くなるということです。

そのため、アルコールと一緒にスプライトを飲めば、アルコール中毒による社会問題や健康問題を軽くできるかも・・・という話です。

ただ、この実験は臨床学的な実験ではなく、あくまでも化学的な実験です。細かい実験手順は上で書きましたが、被験者が飲んだ結果を見たのではなく、試薬として販売されているADHやALDHにスプライトを混ぜた結果です。
なので、飲んだときにも同じ効果があるかはわかりません

というより、おそらく同じ効果はないでしょうね。スプライトの何が効いているかはわかりませんが、肝臓まで吸収されないと、ADHやALDHに働きかけができないですし。もしかしたら、いくらかは効くかもしれませんが、ほぼ確実に、今回の実験結果よりは弱まりますね。

そもそもADHやALDHに直接働きかけて、活性が強まったのかもわかりませんね。代謝に使われるNAD+の方に作用している可能性もありますし。

結論:

二日酔いにはスプライトが効く・・・かもしれません
効果があるかをスクリーニングするという意味での実験としてはいいですが、混ぜただけの実験で、人が飲んでも「効果がある」とは言えないですよね。

 

論文を読んでいて思ったのが、この論文の文章が適当すぎ・・・abstractとconclusionに全く同じ文章が書いてあるし、conclusionは全然具体的でなくて、読んでも結果がわからん!
こういう適当な文章が書いてあると、(実験の中身とは無関係とわかってはいても、)この実験、大丈夫かな?と思ってしまいます。。。

 

今日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました!



おすすめの記事