こんにちは、わかみやです。

今回は、最近読んだ本の中から人間関係に関する本について紹介します。論文と本を読むくらいしか趣味がないので、読んだ本は良いと思った本も、微妙だった本も、どちらも紹介していきます。

ベンジャミン・フランクリンの心理法則(著:内藤誼人)

あらすじ

副題の通り、人に好かれる人(人たらし)がどのような考え方をしているか、どのような行動をとっているかが記されています。ベンジャミン・フランクリン以外にも田中角栄、ウォルト・ディズニー、アントン・フィリップスなどの偉人も「人に好かれる人」として逸話が紹介されています。

彼らがどうやって身近な人とうまくやってきたか、ひいては敵を懐柔して味方にしたかがわかります。人間関係で悩んだときに読んでみるといいかもしれません。

どんな人が読むといい?

この本は、対人関係について改善したいことがあるときに読むといい本です。ただ、改善したい内容やトラブルの原因をはっきりさせてから読むといいです。

著者の内藤誼人さんもあとがきで次のように書かれています。

人に好かれる法則は、実は、そんなに難しいわけでもない。
「なんだか、当たり前のことばかりが書かれているな」
と思った読者もいるだろうが、

「ベンジャミン・フランクリンの心理法則」より引用

確かに、本書には際立って目新しい法則はないです。

それでも、人に好かれる法則・行動について再認識ができますし、自分が何かしらの問題意識を持った状態で読めば、解決策が見えるかもしれません。

なので、「新しい知識を得る」というよりは、「〇〇(対人関係の問題)について解決するためには、どうすればいいだろう?」と考えながら読むべき本です。

この本の体裁

本書の構成は、1つのトピックについて、1ページの小見出し(でかでかと書かれています)+3ページの本文となっています。全体がこの体裁でまとめられていますので、スキマ時間にちょっとずつ読むこともできます。
また、本書の特徴として、1つのトピックに対して、関連する偉人のエピソードと心理学の実験がそれぞれ1つ以上、書かれています。エピソードや実験結果は、人に説明するときに説得力を増す効果があります。そういった話のネタを仕込む本としても使えますよ。

スタンフォードの教授が教える職場のアホと戦わない技術(著:ロバート・I・サットン、訳:坂田雪子)

あらすじ

スタンフォードの教授、ロバート・I・サットンが、世の中にいる「アホ」にどうやって接すればいいか、という処世術を解説しています。多くの人が「アホ」から逃げたり、「アホ」と戦ったりしますが、そのときに尾を引かないようにする対応が実例や研究つきで紹介されています。

どんな人が読むといい?

身近に「アホ」がいる人は、とりあえず一読してみるといいのではないでしょうか?
他にも、ブラックジョークが好きな方も読んでみるといいかもしれません。所々、面白い表現がありますよ。
私の一番のお気に入りは下の文です。

アホ菌がこれほど全身に回っているとは、なんて気の毒なんだ

「スタンフォードの教授が教える職場のアホと戦わない技術」より引用
著者に寄せられた、数々の「アホ」の話や心理学の研究もたくさん紹介されています。
対処法だけ早く知りたいという方は、網掛けになっている部分や章のまとめを読むだけでも内容がわかります。「時間がない」という人は、それらだけを読んでみてはどうでしょうか?

身近な「アホ」にこの本を貸す

僕が思う、この本の一番有効な使い方は、身近な「アホ」にこの本を貸して読んでもらうことです。
「アホ」への対処を学ぶのもいいですが、一番良いのは、「アホ」自体がいなくなることですからね。この本を貸すことで、借りた側は『もしかして自分が「アホ」なのか・・・?』と考えるかもしれません。
貸すのが難しい場合、「アホ」が目にする位置に本を置いておいたり、「アホ」に聞こえるように本の話をしたりするのもいいかもしれませんね。
(もっとも、そのような方法で気づく人なら、もともと「アホ」になっていないかもしれませんが・・・)

まとめ

・「ベンジャミン・フランクリンの心理法則」は人間関係に関するエピソードや心理学の実験のネタを仕込むのに最適
・「スタンフォードの教授が教える職場のアホと戦わない技術」は、「アホ」に貸すことで、「アホ」に自覚をもたせることができる(かもしれない)
今日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました!



おすすめの記事